2007年11月03日

納豆の栄養について


大豆を使った栄養食品といえば、納豆も外せません。

納豆は本来、蒸した大豆を藁で包んで発酵させたもの。
現在は蒸した大豆に納豆菌を混ぜ込み
発泡スチロールのパックに分け入れて発酵させて作られています。

大豆を発酵させて納豆とすることで、納豆菌そのものや
納豆菌の産出する酵素などの物質の優れた栄養効果を
摂取することが出来ます。
納豆は大豆に比べ、ビタミンB群や鉄分が多く含まれます。
また大豆の良性タンパク質が大豆ペプチドに代謝されているので
大豆に比べて吸収しやすいという利点もあります。

また納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素が
血栓を溶かすということから納豆ブームを引き起こしましたが
本当にナットウキナーゼにそのような効果があるかどうかは
議論が分かれるようです。

そうはいっても、昔から身体に良いとされてきた日本の伝統食。
健康のため、まめに摂りたい食材ですが、
納豆の食べ方がワンパターンだと飽きがきてしまいます。

2年ほど前だと思いますが、細木数子さんの番組
「幸せって何だっけ」の『幸せのレシピ』というコーナーで
納豆の美味しい食べ方が紹介されていました。
それは納豆に醤油・刻みネギ・生卵・鰹節・青海苔を加えて混ぜるというもの。
ご飯にかけると今まで食べていた納豆とはまた別の味わい。
あまりに美味しくて、その後毎日のように食べていたのを覚えています。

他にも、

・いかそうめん+明太子

・ポン酢+ごま油

・キムチ+生卵

・大根おろし+柚子

・細かく叩いた梅干+海苔

・ツナ+マヨネーズ

・紫蘇の千切り+炒りゴマ

を添加しても美味しく、また様々な食べ方が工夫できます。

うちでたまに食卓にのぼる納豆パスタは
茹でたパスタにオリーブ油少々を絡め、納豆と海苔茶漬けの素で味付け。
とてもカンタンで美味しい和風パスタになります。

お味噌汁に入れても美味しいですね。
玉ねぎとキノコ、豚肉を入れると栄養満点のおかず味噌汁になります。


posted by 大豆 栄養 at 15:54| 大豆 栄養