2007年08月20日

枝豆の栄養


暑い夏には生ビール。

ビアガーデンや居酒屋で

ビールのお供に枝豆を注文した方も多いはずです。


でも、枝豆とは実は

まだ熟していない大豆のことだったのをご存知ですか?


枝豆は、大豆が未熟なうち(収穫の1月ほど前)に

枝ごと刈り取られます。だから枝豆。

枝豆は緑色をしていることが多く

緑黄色野菜と大豆の中間的な存在です。


このため、カロリー・タンパク質ともに

大豆の半分ほどしかないのですが

大豆にはほとんど含まれていないカロチンとビタミンA・Cを

豊富に含んでいるのが特長です。


枝つきで売られている枝豆の方が

より鮮度が高く栄養価も高いのですが

保存がきかないのが難点。

冷凍しても栄養価はほとんど下がりませんので

冷凍保存するのもテですね。


枝豆に含まれるメチオニンはアルコールの代謝を促し

肝臓の負担を軽くし、二日酔いや悪酔いの予防に。

カリウムには血圧低下作用と利尿作用があります。

またビタミンB群は

ビールの糖分やおつまみ、つい食べ過ぎてしまう〆のご飯の

カロリーの代謝を促進してくれます。

枝豆の調理に油を使っていないので

おつまみの中では大変ヘルシーですし

食物繊維豊富で便秘の改善にも。

お酒は好きだけどダイエットも気になるという方に

ぴったりのおつまみです。

「ビールに枝豆」は

カラダのためにも理に適った組み合わせだったのです。


茹で過ぎてしまって枝豆が余ったら

冷製スープで頂くのもオススメです。

枝豆スープ レシピ

豆を裏ごしするのがちょっと面倒だけれど

あとは手を抜いて固形ブイヨンを利用すれば

栄養満点の美味しいスープが簡単に出来上がります。

爽やかな緑色が暑い夏にも食欲をそそる一品です。


また、すりつぶして砂糖と和えた枝豆を

餅にまぶしたのが宮城名産ずんだ餅。

枝豆の栄養がぎゅーっと詰まったスイーツです。

お子様のおやつに選んであげたいですね。




posted by 大豆 栄養 at 15:10| 大豆 栄養