2007年10月20日

豆の種類と栄養


畑の肉といわれる大豆。同じ大豆でも状態によって
黒豆枝豆と分かれることをご紹介してきました。
でも日本には、大豆以外にも様々な種類の豆があります。
これらの豆は栄養的に大豆とどう違うのでしょう?


・えんどう豆

若いうちにはさやえんどう、成熟した豆をグリーンピース、
それを乾燥させたものをえんどう豆と呼びます。
ビタミンB1含量が豆の中では大豆の次に多く、
代謝を助ける微量元素クロムをよく含みます。
新芽を豆苗(とうみょう)といい、優れた栄養効果で知られています。


・緑豆(りょくとう)

利尿効果・デトックス効果のほか
コレステロール値低下作用、発ガン抑制効果があります。
緑豆を原料に作られる春雨と
発芽したもやしはよく食べられていますが、
日本では豆そのものはあまり馴染みがありませんね。
小豆同様にお菓子に入れたり、おかゆにして食べられます。


・空豆(そらまめ)

胃腸の回復やむくみ、高血圧に効果があるとされます。
タンパク質豊富ですが、その組成は良性タンパク質ではないそうです。
(タンパク質・良性タンパク質については畑の肉と呼ばれるわけ参照)


・隠元豆(いんげんまめ)

あまり知られていませんが中南米原産です。
うずらまめ、虎豆、大福豆などもこれに含まれます。
東洋医学的には、胃腸の働きを活発にする効果があり
下痢の症状を和らげてくれるそうです。
ただ生の豆は毒性がありますので、10分以上煮込んだものを食べましょう。


・刀豆(なたまめ)

利尿効果・血圧低下効果のあるカリウムを多く含みます。
免疫力を高める効果がありますが、近年抗ガン効果でも注目されています。


・小豆(あずき)

和菓子のあんとしてよく使用される豆です。
利尿作用とデトックス効果が高いことで知られます。


日本で食べられる豆の種類は多いですが
あまり食卓に活用できていないことに気付きます。
様々な食材をバランスよく取り入れていきたいものです。

posted by 大豆 栄養 at 14:51| 大豆 栄養