2007年09月30日

大豆でダイエット


大豆の栄養効果についていくつか書いてきましたが
女性が気になるダイエットにも、大豆は強い味方になってくれます。

豆腐ダイエット・豆乳ダイエット・豆乳クッキーダイエット
おからダイエット・味噌汁ダイエットなど呼び方はさまざまですが、
どの場合もダイエットに効くといわれているのは
大豆ペプチド大豆イソフラボンです。

この成分によって、大豆には
血中コレステロール濃度を下げて善玉コレステロールを増やし
代謝を高めて脂肪を燃焼させやすい体作りをする効果があります。

その他、大豆はミネラルバランスに優れているほか
たっぷりと含まれているビタミンBにも疲労回復・代謝UPの効果が。
大豆に含まれるアミノ酸も筋肉を作り代謝をあげるのに有効ですが
これらを吸収しやすいかたちで含んでいるのが
豆乳であり、豆腐なのです。

また、味噌汁も大豆を醗酵させた味噌を含んでいるため
大豆よりも各栄養素が吸収しやすくなっています。
味噌の栄養をもれなく摂取するためには、味噌を煮込みすぎないことが大切です。

食事中に味噌汁を飲むと、お腹が膨れるので無理なく量を減らせるうえ
野菜や海草、貝類など、毎日の食生活に取り入れにくい食材を
一緒に煮込むことで美味しく摂取することが出来ます。

おからダイエットだけは、上記ダイエット法とは少し異なります。
おからは豆乳を絞ったあとの絞りかすなので
大豆イソフラボンや大豆ペプチドなどの栄養素に欠けます。
ただし、ミネラルや食物繊維がたっぷり入っているので
少しの食事で満腹感があり、便秘解消にも効果があるのです。

どのダイエット法も、献立の1つや主食を減らして
低カロリーで身体に良い大豆製品で置き換えるだけです。
このダイエット法だけ!と固執する必要はないですね。
今日は豆腐を食べたら次の日はおから、とバリエーションをつければ
飽きることなく続けられます。

大豆の栄養を余すところ無く使って
美味しくキレイ、しかも健康を目指しましょう。
posted by 大豆 栄養 at 12:31| 大豆 栄養